みなさん、こんにちは!フィリンターのげんげんです。今回は皆さんに朗報があるので共有させていただきます!

今まで、国際線使用の際に必ず支払わなければいけなかった国際線航空使用税がついに、2019年9月1日より、航空チケットに含まれることが正式にMactan-Cebu International Airport Authority (MCIAA)のジェネラル・マネージャーとCEOによって公式に発表されました。

CEOのスティーブ氏は、「マクタンセブ国際線を利用するすべてのお客様に、よりよいサービス、より良い経験を空港でしていただくために、国際線航空使用税を航空チケットに含めるべきだと判断した」と言っています。

“In order to provide a better airport experience to passengers flying through MCIA and to conform with general international airport practices, the terminal fees shall be integrated at the point of sale where the collection will be performed by the air carriers,”

国内線では2013年からすでに空港使用税をチケットに含めており、国際線に関しては今回が初めての試みとなります。

航空会社はチケットにこの税を導入するサービス開始まで3ヶ月の猶予があります。チェックインカウンターで、グランドスタッフがチケットに空港使用税が含まれているかを確認し、すでに支払われていれば「PAIDスタンプ」をチケットに押してくれます。(サービス導入後)

サービス導入前にチケットを購入しており、空港使用税が含まれていない場合は特定のカウンターにて850ペソを支払う必要があるので注意が必要です!

みなさん、9月1日過ぎてから出国される方に関しては自分のチケットに航空使用税が含まれているかをしっかり確認してから空港に向かいましょう!そうすることで留学最後の夜に豪遊できるかが決まってきますね!(笑)

ツールバーへスキップ