みなさんこんにちは!

Philiner(フィリンター)です。

今週も英語のお勉強の時間です!
今回のEnglish Tipは
“BESIDE VS. BESIDES”

Beside - Besides-s

Sがつくかつかないかで、意味は全然変わってきます!

最初はBESIDE!!

BESIDE:最後にSがつかないときは目的語を伴う前置詞として使います。
“隣に”または“比べて”などの意味になります。

下記の例を見てください。
最初の“隣に”という意味はもっともよく使われていますね。

•She sat beside (= next to) him during dinner.
彼女は夕食の間、彼の隣に座っていた。

•These problems seem unimportant beside (= compared to) the potential benefits of the new system.
これらの問題は新システムが持つ利益と比べると重要でないようだ。

次はBESIDES!!

BESIDES:“s”がつく場合も前置詞として使われますが、下記の例のように“以外で”、“追加で”でという意味で使われます。

•There’s no one here besides (= except) me.
私以外誰もいない。

•She wants to learn other languages besides (= in addition to) English and French.
彼女は英語とフランス語以外に他の言語も学びたい。

•Besides (= in addition to) its famous cakes, the bakery also makes delicious breads and cookies.
そのパン屋は美味しいパンとクッキーだけでなくケーキも有名だ。

そして、BESIDESはまた副詞として情報を追加で伝える場合に使われます。
下記の例を見てください。

Besidesは追加の情報の前か後に置きます。
新しい情報の前に置く場合、コンマをその後にいれます。

•They serve pasta and many other foods besides. (besides comes after the new information: “and many other foods”)
彼らはパスタと他の多くの食べ物を取り分けた。
(besidesは“他の多くの食べ物”=新しい情報の後に置く)

•The play is excellent, and besides, the tickets don’t cost much. (besides comes before the new information: “the tickets don’t cost much”)

演劇は素晴らしい、そしてチケットは高くない。
(besidesは新しい情報=“チケットは高くない”の前に置く)

•I’m not ready to get married yet. Besides, I enjoy living alone. (besides comes before the new information: “I enjoy living alone”)
私はまだ結婚できない、一人の生活を楽しんでいる。
(besidesは新しい情報=“新しい情報を楽しんでいる”の前に置く)

どうでしたか?
たった”S”ひとつあるかないかでこんなに意味が違ってくるんですね。

混乱しそうな内容ですが、一度覚えてしまえばもう迷うことはなくなりますよね!

それではまた来週~☺