course-info

英語教育コース 2015年

一般 ESL

主要科目 選択科目 オプション科目
マンツーマン4時間 グループ授業2時間 グループ授業2時間

Intensive ESL

主要科目 選択科目 オプション科目
マンツーマン5時間 グループ授業2時間 グループ授業2時間

ジュニアESL

主要科目 選択科目 アカデミック・カウンセリング
マンツーマン4時間 グループ授業3時間 週1回

IELTS

Foundation IELTS(4~8週間)

ESL科目 IELTS科目 オプション科目
マンツーマン4時間 グループ授業2時間 グループ授業2時間

Full-Time IELTS(12週間)

IELTS科目 IELTS科目 オプション科目
マンツーマン4時間 グループ授業4時間 グループ授業2時間

TOEIC

Foundation TOEIC(4~8週間)

ESL科目 TOEIC科目 オプション科目
マンツーマン4時間 グループ授業2時間 グループ授業2時間

Full-time TOEIC(12週間)

TOEIC科目 TOEIC科目 オプション科目
マンツーマン4時間 グループ授業2時間 グループ授業2時間

BUSINESS

Focus Business(2週間)

BUSINESS科目 BUSINESS科目 オプション科目
マンツーマン4時間 グループ授業3時間 グループ授業1時間

Basic Business, Advanced Business(4週間)

BUSINESS科目 BUSINESS科目 オプション科目
マンツーマン4時間 グループ授業3時間 グループ授業1時間

時間割

時間 内容
07:20~08:00 朝食
08:00~08:45 1時間目:マンツーマン授業
08:50~09:35 2時間目:マンツーマン授業
09:40~10:25 3時間目:マンツーマン授業
10:30~11:15 4時間目:マンツーマン授業
11:20~12:00 5時間目:オプション授業
12:00~13:00 昼食
13:00~13:45 6時間目:グループ授業
13:50~14:35 7時間目:グループ授業
14:40~15:25 8時間目:オプション授業
15:30~16:15 自習学習
16:20~17:00 自習学習
17:30~18:10 夕食

 

  • 1:1授業は基本4コで、1コマずつそれぞれの講師と授業をします。
  • グループ授業は1:4~8で、フィリピン講師とネイティブ講師の授業があります。
  • グループ授業は基本的に1日3時間で、2科目選択+発音クリニックの3クラスとなります。
 
グループ授業の選択科目としては、次のものがございます。(時期によっては開講しないものも稀に有り) 文法強化、ボキャブラリー、中級文法、中級ボキャプラリー、上級英語、ムービー&ミュージック、プレゼンテーションスキル、リスニング&書き取り、ライティングスキル、スピーキングスキルなど Level401以降で受講可なJournalismはラィティングスキルUPに最適、4週間で受講可(現地にて選択)

  • プログレステストの翌日以外の土曜日は、Generalコース、Intensiveコース共に2コマ無料のグループレッスンが任意で受講できます。

レベル判定

LEVEL CODE IELTS TOEIC TOEFL(iBT)
Pre-Beginner 100 1 0 – 65 0 – 9
Beginner 101 1.5 65 – 210 11 – 19
Beginner Plus 101P 2 215 – 250 21 – 29
Elementary 201 2.5 255 – 300 31 – 39
Elementary Plus 201P 3 305 – 400 41 – 49
Pre-Intermediate 301 3.5 – 4.0 405 – 500 51 – 62
Pre-Intermediate Plus 301P 4.5 505 – 600 64 – 72
Intermediate 401 5.0 – 5.5 605 – 700 74 – 88
Intermediate Plus 401P 6 705 – 780 90 – 94
High Intermediate 501 6.5 – 7.0 785 – 865 96 – 110
High Intermediate Plus 501P 7.5 870 – 900 111 – 113
Advanced 601 8 905 – 960 114 – 116
Masters 701 8.5 – 9 965 – 990 116 – 120

レベル評価

A.レベルチェックテスト

  • 就学初日にレベルチェックテストを受ける。
  •  レベルテストには5つの領域がある。(会話、聞き取り、文法、書き取り、語彙と読み取り)
  • レベルテストの後、生徒の苦手な領域に基づき教科を調整・決定する。

B.パワーテストとプログレステスト

  • パワーテストは毎月第2金曜日の16:10~17:00に行われる。
  •  プログレステストは毎月最終週の金曜日午前中に行われ、この日の午後は『English Day』というアクティビティのため、授業無し。
  • レベル決定は相対評価(競争形式)である。総学生数の10%以上の学生がレベルダウンする。レベルアップする学生は、総学生数の50%以下とする。

C.教師の評価レポート

  • それぞれの教師が各学生の受講教科に基づき評価を記入する。担当教師はそれぞれの教科の教師に質問・確認し、コメントを記入する。学生の学習態度も同様に評価される。レポートの最後に教師は学生の英語力改善のための助言・提案を記入する(企業研修生など、一部の生徒のみ該当)。
  • 学生が語学研修を終了するとき、各学生のレベルは最終のプログレステストと教師の評価レポートによる。

D.出席率

  • 出席率は語学研修期間の90%以上であること。
  • プログレステストを欠席した場合、その学生の授業スケジュールは削除される。
  • 1週間に2日以上欠席した場合、その学生の授業スケジュールは通知なしに削除される。
  • レベルの再評価: 学生が自分のレベルに疑いを持つ場合、最終のレベル判定に対して、再テストを受ける権利がある。